Konica BiG mini F

レンズはまずまず明るいコンパクトカメラ。しかも使用できるフィルムはDXコードの付いたISO 25〜3200までですが、NATURA1600の製造中止が発表された昨今では高感度の設定は意味がなくなりつつあります。。。

昔の全自動フィルムコンパクトでは一般的だったのですが、フィルムに日付が焼き込めます。これが結構記念写真やスナップ写真に良いんです♪もちろん表示OFFも出来ます。2019年まで表示されるようです。オリンピックまではもたないのか〜〜。バッテリーは、CR123A×1個。50%ストロボ使用で24枚撮り約25本撮影可能。

写りはぬる〜りと柔らかく、色合いも暖色系の濃い感じでいわゆる昭和っぽい感じに写ります。スナップ写真や風景写真などの日常風景を撮るには味わい深い写真が撮れそうです。

欠点といえば、各種設定ボタンが押しにくいのと、いったん電源をOFFにすると今まで使っていた設定が初期状態に戻ってしまうこと。フラッシュも自動なので、フラッシュOFFの設定も一度電源を落とすとONに戻ってしまいます。設定ボタンの押しにくさと相まって、これが面倒くさい。

このビッグミニはHIROMIX(ヒロミックス)も愛用していたカメラで、初代カメラ女子カメラといえるでしょう。

発売年月 1997年9月
フィルム 35mmフィルム(135)ISO 25~3200(DXコード対応)
レンズ コニカ35mm/F2.8 3群4枚 沈胴式
フォーカス 0.35m~∞
シャッター 電子制御プログラム式 1/450~4秒
露出計 中央重点測光によるプログラムAE
露出連動範囲 1~17EV 露出補正±1.5
大きさ 巾 115mm 高さ 63mm 奥行き 34.2mm
質量 180g
当時の価格 35.000円
電池  CR123AまたはDL123A 3V 1本

撮影サンプル
 

Comments