Mamiya M645

マミヤM645は1975年6月発売の世界初6×4.5cm判一眼レフカメラ。

標準レンズ込みで1,335gと小型軽量で持ち歩いても邪魔にならない。電池は互換性のある4SR44もしくは4LR44、消耗するとシャッターが開きっぱなしになる。バッテリーチェックボタンで確認出来る。

M645
発売日 1975年
カメラタイプ 6cm×4.5cm 電子式シャッター一眼レフカメラ
フィルムバック 内蔵式 (フィルムマガジン脱着)
フィルム 120フィルムマガジン使用時 15枚
220フィルムマガジン使用時 30枚
Mirror Lock Up Yes
シャッタースピード B, 1〜500
多重露光 可能(Multiレバー)
バッテリー 1x PX28(4SR44か4LR44で代用)6V

交換レンズ

  • MAMIYA-SEKOR C 45mm F2.8 – フィルター径φ77mmねじ込み。★
  • MAMIYA-SEKOR C 80mm F2.8 – フィルター径φ58mmねじ込み。
  • MAMIYA-SEKOR C 150mm F3.5 – フィルター径φ58mmねじ込み。★
  • MAMIYA-SEKOR C 105-210mm F4.5 – フィルター径φ58mmねじ込み。★

 

撮影サンプル