minolta six

ミノルタシックス

ベイクライト製の蛇腹の中判カメラ。名前通り6×6フォーマットで撮影されます。裏の赤窓6×9cm判用の番号を使用して6×6cm判を撮影する感じ。

目測なので、絞らないとピント合わせ難しいです。というか、シャッター時の手ぶれか?どちらにしろ写しやすいとは言い難い。

姉妹機にベスト判を使う機種もあります。

発売年月 1935年?
フィルム 120, 220フィルム フィルムマガジンにて切り替え式
フォーマット 6×6
レンズ Coronar Anastigmat 80mm F5.6
フォーカス 目測1m以下~∞
シャッター CROWN B Shutter (T, B, 1/25, 1/50, 1/100, 1/150)
露出計 なし
大きさ 巾 135mm 高さ 95mm 奥行き 100mm
質量 585g
当時の価格 ?円