Rolleicord I Artdeco

ローライコード I 型(Art Deco)

ドイツ製造元のFranke&Heidecke社から1933年から1936年の間に合計32,508台が制作された。ローライフレックスなどは、昔のプロカメラマンや俳優などの有名人が購入していた高級版。そのローライフレックスの安価、普及版で登場したらしいローライコード第1弾がこのモデルだ。

外装のデザインプレートが独特で、その雰囲気からアールデコとか金ピカコードと呼ばれていて今でも人気の二眼レフカメラ。購入時は、前オーナーが金ピカが嫌いだったのか真っ黒に塗られていた。そのペンキをマニュキア落としでぼちぼちと落として復活。背面には被写体深度表のプレートがついている。

フィルムを装着したら、赤窓で1を出しその後は巻き上げノブを回してカウンターで合わせる。ストッパーは無いので行きすぎに注意しないといけない。

35mmアダプターのローライキンなどもあったようですが、こちらの方がレアで高額。中古価格では本体より高いかもしれません。

発売年月 1933年 11月
フィルム 120フィルム
フォーマット 6×6
レンズ ビューレンズ:Heidoscop Anastigmat  75mm
テイクレンズ:Carl Zeiss Jena Triotar 75mm F4.5〜F22
スクリューマウントフィルター:28.5mm
ファ イ ンダー マット式スクリーン
シャッター ComparC♯00 1/300~1/30, B, T
露出計 なし
大きさ 巾 86mm 高さ 132mm 奥行き 90mm
質量 860g
 当時の価格  62.50ドル

 

80年以上前のカメラとは思えない質感と雰囲気がある写りです。